手形割引について

手形割引について知る

手形割引のメリットとデメリット

手形は一昔前に比べると非常に流通量が減少しており、手形を発行していた会社も現金に移行しその代わり手形サイト分の金利を手数料として差し引くなどして少しずつ手形から現金払いへ移行が進んでいます。一番のメリットは銀行へ割引に出すことで手数料は差し引かれますが現金化がたやすいということです。いわゆる手形割引です。簡単なのですが、相手からもらった手形を銀行へ渡す前に自身の会社で裏書をしなければならず、手形の決済が無事完了するまでは相手の会社に万一のことがあれば自身の会社に支払う義務が生じるのが最大のデメリットです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 金機関の手形の活用について All rights reserved