手形割引の申し入れ

手形割引の申し入れとは

金融機関に手形割引の申し入れ

金融機関で、支払期日が来ていない手形を換金してもらうことを割引と言います。受取人の取引先の銀行に依頼するのが一般的です。割引は、手数料や利息を差し引いた金額を受け取る形になっていますので、言い方を変えれば、担保に融資を受けているのと同じことなのです。ですから、もし不渡りになった場合は、銀行にお金を返す義務が出てきます。期日まで待てば、額面すべての金額を受け取ることができます。そういった意味では損なのですが、すぐに現金が必要なときには、資金調達手法として非常に役に立ちます。ただし、金融機関から見て信用力のある会社が振り出した手形でないと、割引を断られることがあります。

手形を有効に使えば経営に有利に

手形には、いくつか種類がありますが、基本的に、現金での決済を遅らせる性質があります。期日を決めて、現金化できるように取り決めした金融資産です。半年後の期日で決済されるならば、その間、支払うべき金額を金融機関に預金して利息を得ることもできます。手形には、受取、支払、裏書、為替など使う用途によって呼び方が変化し、資産にも負債にもなります。企業経営にはなくてはならないもので、現金や売掛金などより融通性はありますが、何らかの理由で期日に決済できないと不渡りになり、企業の信用を失い、倒産の危険もあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 金機関の手形の活用について All rights reserved