金融手形の使い方

金融手形の使い方とは

金融の手形に印鑑は必要か

手形は2者間でのお金のやりとりをする約束手形が一般的です。簡単に言えば、振出人が受取人に対して、ある金額を後日支払うという約束で渡す書面になります。金融関係の仕事をしている人でないと、普段接することはあまりありませんが、難しいものではありません。ただし、お金を扱うものですので、いくつかの注意点はあります。まずは支払期日と金額ですね。ここが空欄のものは危険です。振出人の印鑑は銀行届出印を用います。また金額が10万円以上の場合は、収入印紙の貼付が必要です。振出人が印紙をはり印鑑を押します。受取人は支払期日に決済しますが、資金に余裕がない場合は裏書譲渡したり、金融機関で割引いてもらうことが可能です。

交渉は、便利な金融手形で

現金を持ち歩くことの不安や煩わしさを感じている方におすすめなのが、当座預金口座の開設です。銀行で、審査を要するものですが、審査が通れば、手形を発行することが出来、大変便利になります。受け取る側との同意があれば、支払いの延期も可能になるので、お互い信頼できる同士であれば使い勝手がよい方法になります。親しき仲にも礼儀あり、というように、口約束で済ますより、手軽な金融機関を上手に使うのも信頼関係を安定させます。支払い期間は様々ですが、利息なく利用できるのも、金融手形の強みです。いざこざが絶えない昨今、信頼できる交渉法のひとつとして、便利な方法となります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 金機関の手形の活用について All rights reserved