金融機関の手形割引

金融機関の手形割引について

金融機関の手形割引とは

商取引の世界では、物を売買する際には商品を受け取り、代金を約束手形で発行するという方法が一般的です。これは期日に金融機関に持っていけば現金と交換してくれるというもので、先に商品を受け取り期日に代金を支払う、売掛制度という商習慣に基づくものです。しかし、商品を販売した会社が期日前に現金を入手したい場合には、金融機関にて手数料を割り引いた金額で引き取ってくれる制度を手形割引と言います。但しこの場合、商品を購入した会社が万が一期日までに代金を支払わない場合には返済しなければいけないというリスクが有ります。

手形による取引に独自のメリット

手形決済には他の決済方法にはないメリットがあります。まず、現金で払う代わりにこれを渡すことで、実質的な支払期限を延ばせることが挙げられます。さらに、通常金融機関で融資を受けた時に発生する利息がかからないので、負債が膨らむ心配がありません。製造業などの資本の調達から利益の現金化までに時間がかかる業種では、入金と出金のタイムラグを調節できるようになり資金繰りがしやすくなります。そして、手形を振り出せるということは金融機関の審査をクリアしてお墨付きを得たということなので社会的信用の向上にもつながります。取引相手の信用を得やすくなり、新ビジネスや販路拡大といった成長路線も打ち出しやすくなります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 金機関の手形の活用について All rights reserved